So-net無料ブログ作成

気ままさん日記

ニュースや日常で気付いたことや感じたことを気ままに書いていきますよ。

 

ダーティー・ダンシングみたいな展開 [映画]

ある映画を見ていたら。

「ダーティー・ダンシングみたいな展開にはならないよ」

というセリフが出てきました。


この作品です↓

きみがくれた物語 【DVD】

「ダーティー・ダンシング」は映画か何かというのはわかったのですが、あらすじや内容が思い浮かびません。

つまり、どういう意味なのかが、パッとはわからず。



調べてみると、ダーティー・ダンシングは1987年のアメリカ映画。

リゾート地に来ていた10代の女子が主人公。

そこにいたダンスインストラクターに踊りを教えてもらいます。

その後、ダンサーの代役として出演することになりますが、おそわっているうちに恋に落ち・・・

といった内容みたいです。


ストーリーのなかで、女性を妊娠させたのに、責任を取ろうとしない男が出てくるよう。

自分が見た映画も、ペット犬が妊娠して、それは隣家の犬が原因だというのでクレームを言いに行くシーンで上記のセリフが出てきます。

(ヒロインが、男主人公にクレームに行く。その会話の中で、男が「ダーティー・ダンシングみたいな展開にはならない」と言います)

だから、
「ダーティー・ダンシングみたいな展開にはならない」→ちゃんと責任は取る
という意味かな・・・


その前後のセリフを英語で見てみると、どうやらその様子。


Moby is not going to be a deadbeat dad. He's... this is not going to be one of them Dirty Dancing type situations.

Okay-

He's going to stand up straight like a man.

Read more: https://www.springfieldspringfield.co.uk/movie_script.php?movie=the-choice

Mobyは、男主人公が飼っている犬の名前です。

deadbeatは、「義務を果たさない」といった意味かと。


見ていたときは、前後の文脈から
「これがキッカケで、僕たちが恋に落ちてしまったりするようなことはないよ」
的な意味かと思ったのですが、よく調べてみるとそうではなかったか・・・






nice!(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1